Home > よくあるご質問>女性の育毛・増毛>HARG(ハーグ)には女性の薄毛治療にみられるような特有の副作用はありますか?

よくあるご質問

女性の育毛・増毛 の質問と回答

HARG(ハーグ)には女性の薄毛治療にみられるような特有の副作用はありますか?

院長福岡

HARG療法(ハーグ療法)は、ヒトの幹細胞から取り出した成長因子を含むタンパク(AAPE)という薬剤を調合したHARGカクテルを頭皮に注入することで、休眠状態にあった毛根の成長因子を蘇らせ、頭皮を再生させることで発毛が再開・継続できる治療法です。

HARGカクテルに使用されている成分はヒトに由来しているため、女性にも副作用がないのはもちろん、アレルギー起因物質を含まないことも確認されております。

薄毛治療では内服薬としてAGA治療薬のプロペシアが良く知られていると思いますが、プロペシアは妊娠中の女性には禁忌で、薬剤に触れただけでも皮膚から吸収されることで、胎児に異常が発生する可能性がありますので、女性は使用ができません。

また、発毛薬のミノキシジルがあり、こちらは育毛剤や育毛メソセラピーなどに使用され、外用または頭皮への注入という形で使用されていますが、もともと血管拡張剤として開発された薬のため、頭皮のかゆみや頭髪以外が毛深くなるような症状が出たり、低血圧や動悸、手足のしびれなどを感じたりする場合もありますので、女性の使用には十分な注意が必要となります。

そもそもAGA治療薬のプロペシアや発毛薬のミノキシジルは継続投与が前提のため、薬剤の投与をやめると効果が止まってしまいます。そのため、薬剤の継続投与による影響そのものが出やすいともいえます。

HARG療法(ハーグ療法)の最大の特徴は、一度のコース治療だけで発毛が続く頭皮が再生するため、継続的な治療や投薬がいらないことです。

HARG(ハーグ)は女性にも副作用やアレルギーがなく、安心して受けられる唯一の薄毛治療です。

同じカテゴリーの質問

最近追加された質問

最近1ヶ月間に寄せられたご質問、HARG療法や発毛・育毛のご相談を掲載しております。

すべての質問の一覧を見る

カテゴリーから探す

  • 効果
  • 使用する薬、副作用
  • 痛み、症状
  • HARGの特徴、他の治療との違い
  • 女性の育毛、増毛
  • 来院、施術、所要時間
  • 通院、費用
  • 治療後のケア等
  • AGA
  • 植毛
  • 薄毛
  • 発毛
無料カウンセリング予約 相談、問い合せ
お知らせメール配信
診察 お問い合わせ 西新宿院0120-52-6376 アクセス方法
Dr.福岡のHARG療法開発日記 ハーグ療法で発毛はHARG治療センター HARG治療センター よくわかる自毛植毛ガイド