Home > よくあるご質問>女性の育毛・増毛>更年期障害の薄毛でもHARGは効果がありますか?

よくあるご質問

女性の育毛・増毛 の質問と回答

更年期を迎え、髪が薄くなってきました。HARG療法(ハーグ療法)は更年期障害にも効果がありますか?

院長福岡

更年期障害による女性ホルモンの低下によって発生する薄毛にもHARG(ハーグ)は効果を発揮します。

個人差はありますが、女性は卵巣の機能の衰えから40代の中頃から女性ホルモンの分泌が急激に減少し、やがて閉経に至り、女性ホルモンの分泌が停止します。
このようなホルモンバランスの変化に適応できるまで心身には様々な症状が現れます。

女性ホルモンには様々な役割がありますが、中でも「エストロゲン」には毛髪の成長期を持続させる働きがあり、その分泌量の減少によって、毛髪を十分に成長させることができず、薄毛が発生する原因となります。

更年期の症状のひとつでもあるため、ホルモン補充療法なども考えられますが、発毛させる効果は限定的です。
更年期障害による薄毛に対して、一度休止期に入った細胞を活性化させることのできるHARG療法はしっかりと発毛効果を発揮します。

一般的に薄毛が始まってから時間の経過が短い方ほど、HARGの治療効果も早く出る傾向がありますので、更年期による髪の変化を感じられた方は早めにご相談ください。


同じカテゴリーの質問

最近追加された質問

最近1ヶ月間に寄せられたご質問、HARG療法や発毛・育毛のご相談を掲載しております。

すべての質問の一覧を見る

カテゴリーから探す

  • 効果
  • 使用する薬、副作用
  • 痛み、症状
  • HARGの特徴、他の治療との違い
  • 女性の育毛、増毛
  • 来院、施術、所要時間
  • 通院、費用
  • 治療後のケア等
  • AGA
  • 植毛
  • 薄毛
  • 発毛
無料カウンセリング予約 相談、問い合せ
お知らせメール配信
診察 お問い合わせ 西新宿院0120-52-6376 アクセス方法
Dr.福岡のHARG療法開発日記 ハーグ療法で発毛はHARG治療センター HARG治療センター よくわかる自毛植毛ガイド