Home > よくあるご質問>女性の育毛・増毛>女性の薄毛に良くない習慣や髪型はありますか?

よくあるご質問

女性の育毛・増毛 の質問と回答

女性の薄毛に良くない髪型や習慣はありますか?

院長福岡

女性が薄毛になる原因としては、妊娠・出産などに伴う女性ホルモンの変化や髪の栄養不足、ストレス、老化などが挙げられます。


髪の栄養不足に繋がりやすいのが、過度のダイエットや定常的な睡眠不足です。ダイエットの方法にもよりますが、十分な栄養を摂取しない、無理なダイエットの結果として薄毛になるケースは多くあります。また、当院に来院される女性の患者さまで、若年層に多く見られるのは睡眠時間の足りていない方です。睡眠時間を削ってお仕事や育児をしたり、昼夜を逆転するような生活をされていたりする方は、若くても薄毛の発生が多い傾向にあります。


その日の髪型で薄毛になることはありませんが、長期間にわたり同じ髪型、特にポニーテールのような髪を引っ張って結ぶような髪に負担のかかる髪型をしている場合、牽引性脱毛症と呼ばれる薄毛を引き起こす場合があります。


牽引性脱毛症は、特定の毛髪に長期的な負担がかかることで、頭皮の血行が悪化して発生する薄毛です。分け目を変える、エクステンションやヘアアイロン等を過度に使用しないような対策が効果的となります。


女性の薄毛は、過度にかかったストレスの影響で、女性ホルモンのバランスが乱れる場合もあります。自分の時間を大切にしたり、定期的な運動をしたりすることで、ストレスを溜めないような規則正しい生活をしながら、睡眠と食生活の改善をすることが大切になります。



同じカテゴリーの質問

最近追加された質問

最近1ヶ月間に寄せられたご質問、HARG療法や発毛・育毛のご相談を掲載しております。

すべての質問の一覧を見る

カテゴリーから探す

  • 効果
  • 使用する薬、副作用
  • 痛み、症状
  • HARGの特徴、他の治療との違い
  • 女性の育毛、増毛
  • 来院、施術、所要時間
  • 通院、費用
  • 治療後のケア等
  • AGA
  • 植毛
  • 薄毛
  • 発毛
無料カウンセリング予約 相談、問い合せ
お知らせメール配信
診察 お問い合わせ 西新宿院0120-52-6376 アクセス方法
Dr.福岡のHARG療法開発日記 ハーグ療法で発毛はHARG治療センター HARG治療センター よくわかる自毛植毛ガイド